【ゲームで英語学習】Witcher 2 は Witcher 3 への最高のプロローグ

Witcher 2 をようやくプレイし終えました。しかも途中のストーリー分岐を満喫するため2回もクリアしてしまいました。

結論から言うと、プレイして最高に良かったです。

Witcher 2

どんなゲーム?

今思うと、ぶっちゃけ Witcher 1 はクソゲーすれすれ でしたが、Witcher 2 はグラフィックもストーリーも比較にならないほどマシになっていました。

Witcher 3 のようなオープンワールドRPG ではなく、マップやストーリーはそれほど自由度があるわけではありませんが、古いゲームの割にはグラフィックス画質は全然悪くないです。

Witcher 2 Graphics

特に、ストーリーや時代背景が最高でした。

Witcher シリーズのストーリーとしては、原作の小説から始まり、その続編としてゲームの Witcher 1,2,3 が続くようになっています。

Witcher 2 では、Witcher 3 への壮大なイントロといえるような話が続いていて、Witcher 3 でイマイチ時代背景が見えなかった人、もしくは今からプレイしようと思っている人 には最高のプロローグだと思います。

Witcher 3 へのプロローグ

Witcher 2 のサブタイトル “Assassin of Kings” にあるとおり、北の国王たちが次々に暗殺されて政情が不安定になっていき、Witcher 3 での黒い軍団 (Nilfgaard) の進軍に繋がっていく背景が描かれています。

また、Witcher 2 では女魔法使いたちの秘密結社 Lodge of Sorceresses が大きく活躍します。彼女たちが何を暗躍していたのか、そしてなぜ壊滅して迫害されるようになっていたのかという背景が分かります。

Lodge of Sorceresses

さらには、記憶を失っていたゲラルトが徐々に記憶を取り戻していくというストーリー構成になっており、Witcher の原作小説の後、ゲームシリーズが始まるまでの空白の数年間に、Geralt や Yennefer に一体何があったのかということが明らかになります。

ゲームを2回楽しめる

しかも、途中から大きくストーリーが分岐し、スコイアテルと一緒に行動することでエルフなどの人種差別を廃絶するために戦うことになるルートと、Temeria 国の特殊部隊 (Blue Stripe) とともに行動することでより政治に直接関わっていくことになってしまうルートがあります。

ちょっと会話が変わるぐらいの軽い分岐では無く、途中からほぼ別のゲームと言えるぐらい変わってしまうので、途中のセーブデータを取っておいて両方のルートともプレイするのがオススメです。

スコイアテルルートでは、Witcher 3 では存在感が薄かった彼らの思想や時代背景、また Lodge of Sorceresses の女魔法使いたちの行動をより理解できて面白かったです。

一方 Temeria 国特殊部隊ルートでは、本来なら政治的中立を守るべき Witcher が、北方の4大国 Temeria, Redania, Kaedwen, Aedirn の国家間の対立にどハマりしてしまい、政治的な駆け引き、その結末に影響を与えることになってしまうのが新鮮でした。

圧倒的な英会話のシャワー

もちろん英語学習にも最適でした。

教材としての英語音声+字幕のボリュームはものすごく、5~10分ぐらいの間ぶっ続けでただただドラマのように英会話が続くことは多々ありました。

Witcher, Triss, Dandelion, Zoltan

また、ゲームのメニューからジャーナルを開くとクエストの背景や主な人物・場所、モンスターやゲーム中の用語集など、たくさんの情報を読むこともできます。

長時間ゲームをプレイするのは英語読解力的に疲れてきて厳しいくらい、英語に触れ続けることができます。

過去半年ほど、Witcher 3 から初めて 1 と 2 までプレイし終えてきたわけですが、英語のリスニング力と読解力・スピードはだいぶ向上してきたような気がします。Witcher ゲームシリーズのプレイ前と後で TOEIC の受験とかすれば面白い結果が出たのかも・・・。

追伸

  • 日本語の PC で Steam から購入・インストールすると、起動時にエラーが出てスタートできないというバグがあるようです。その場合は、こちらから base_scripts.dzip をダウンロードして、Steam のインストールフォルダ(デフォルトで C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\)の “The Witcher 2\CookedPC\” フォルダの中のファイルと入れ替えると直るようです。上書きする前に、オリジナルのファイルの名前を変えて保存しておいてください。

  • Witcher 2 ではゲームパッドをサポートしていますが、個人的にはマップを表示するのに何回もボタンを押さないといけないのがストレスでした。その場合は、それは拙作 JoyToKey で空いているボタンに “M” キーを割り当てれば解決します。参考までに、XBox コントローラー用の設定ファイルを こちらから ダウンロードできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする